滅菌体制

くすの木こども歯科クリニック歯科の院内感染防止対策

最近、歯科医院の衛生管理がメディアで取り上げられ、院内感染防止対策について、不安をお持ちの方も多いと思います。しかし、くすの木こども歯科クリニックでは下記のように院内感染防止対策を徹底的に行なっているのでご安心下さい。

1.滅菌機で強力に滅菌しています

患者さんのお口に入れる金属製の器具は、オートクレープという歯科機材を滅菌する機械で強力に滅菌をします。
滅菌処理中のオートクレープ内は、120℃以上の高温状態で、2気圧状態になり、20分間ほど続けて、滅菌完了です。
肝炎ウィルス、HIVウィルスは、この強力な滅菌により死滅します。

2.滅菌機に入れられないものは、すべて使い捨て品を使用

金属製以外の製品は、高温、高圧状態では破損や変形をしてしまうため、オートクレープに入れて滅菌することはできません。そして、アルコール殺菌しかできないため、滅菌はできないため、患者さんのお口に入れるもので滅菌のできないものは使い捨て品を使用しています。

くすの木こども歯科クリニックの滅菌器

DACユニバーサル

DACユニバーサルとは、タービンやハンドピースなど、歯を削る際に使用する機材を滅菌する機器です。これらの機材は複雑な構造のため、ウィルスや血液が中に残りやすく、長時間の洗浄、滅菌作業が必要でした。そのため、ストックを多く用意したり、患者さんの治療サイクルを遅らせるなどして、安全確保をしていましたが、DACユニバーサルを導入したことで、約12分という短時間での洗浄・注油、そして滅菌を完全自動で行なってくれるため、安全で安心・効率的な治療が可能となりました。ヨーロッパ基準クラスBに適合しています。

DACプロフェッショナル

DACプロフェッショナルとは、世界で最も厳しい『ヨーロッパ基準EN13060 クラスB』をクリアする高圧蒸気滅菌器です。
従来の高圧蒸気滅菌器では水蒸気が隅々まで行き渡らず、十分な滅菌が難しいものでした。しかし、このDACプロフェッショナルは、庫内を真空状態にし、飽和水蒸気を何度も流し込むので、あらゆる構造の器具も隅々まで滅菌が可能になりました。
当院では、上記のDACユニバーサル、DACプロフェッショナルを併用し、治療器具の滅菌を行っているので世界水準の滅菌システムを患者さんに提供しております。

口腔外バキューム

口腔内を治療する際、飛沫する唾液、血液、粉塵等を防止する機械です。ひとつひとつの治療台に完備され、治療中に起こる院内感染のリスクを軽減します。

空気清浄機

医院内には、どうしても治療中に発生してしまうニオイや粉塵、そして外部から侵入してきたウィルスや花粉など様々な物質が浮遊しています。院内を常に清潔に保てるように、光触媒フィルターとスーパーフィルターを搭載した空気清浄機を設置し、待合室も安心して過ごして頂けるよう心がけております。

衛生管理の行き届いた歯医者をお探しの方へ

院内完成防止対策、衛生管理の行き届きた歯科医院をお探しの方は、平井のくすの木こども歯科クリニックまでお越し下さい。歯科医院の衛生面における不安を解消し、安心して治療に専念して頂ける環境をご提供しています。