一般歯科

くすの木こども歯科クリニック式『無痛虫歯治療』

歯科医院での虫歯の治療は『痛い』というイメージをお持ちの方は少なくありません。治療が怖い、痛い、だから歯科医院には行きたくない。しかし、そうして我慢をしている間に、虫歯は進行し悪化してしまいますよね。虫歯は自力で治すことはできません。歯科医院での治療が必ず必要です。早期治療できちんと処置をしておけば、自分自身の歯(天然歯)を失うリスクもなくなります。
大切な歯を守るため、当院では痛みを感じない治療、くすの木こども歯科クリニック式『無痛虫歯治療』を受けて頂けます。どのような治療なのか紹介していきます。

くすの木こども歯科クリニック式無痛虫歯治療4つの特長

1.不安にならないためのカウンセリング

どのような治療を行うのか、治療内容が分からないと不安で緊張し神経質になってしまうものです。そのため、痛みにも過敏に反応してしまいます。少しでも不安を和らげるためにも、くすの木こども歯科クリニックでは、治療前にどのような治療を行っていくのかしっかりと患者さんに説明をし、なるべく緊張をせず、安心した状態で治療を受けられます。

2.注射の痛みを和らげる表面麻酔

表面麻酔を行うことで、注射針を刺す痛みも和らげることができます。電動麻酔と表面麻酔で麻酔の際の痛みは軽減されます。

3.一番細い注射針を使用

くすの木こども歯科クリニックで使用している注射針は『33G』という、市販されている針の中でも一番細いものです。針が細ければ痛みも感じにくくなります。さらに痛みを軽減するために、麻酔液を温め注入します。こうすることで、麻酔液を注入する際に感じる痛みも少なくなります。

なるべく削らない治療

一般的な虫歯治療は、虫歯の箇所を削り、その部分に被せ物をします。
くすの木こども歯科クリニックでは、健康な歯を多く残しておくため、肉眼の約5倍の大きさで見える拡大鏡を使用し、虫歯を削る際に健康な歯まで削ってしまわないように細かい治療を行うことが可能です。

3DSについて

当院では、3DSというお口の中の菌数が多い方の対処法を行っています。
口腔内の菌が多すぎる場合、ご自身でのメンテナンスが非常に難しいです。ミュータンス菌が多すぎると虫歯になりやすく、自身でのメンテナンスでは減少させる事は非常に困難です。ご自身でメンテナンスを行えたとしても、継続は難しく、現状菌が多い状態になっています。

3DSの流れ

1.検査

唾液を検体とした口腔内細菌検査によって、
虫歯や歯周病になりやすいリスクを調べます

2.トレー制作

歯型を採取して、薬剤を局所的に作用させるためのトレーを制作します。このトレーは医院での除菌治療と自宅での3DSホームケアに使用します。

3.3DS

医院でジェル状の3DS薬剤をトレーにセットして5分間装着します。この際に3DS薬剤で除菌を行います。

4.ホームケア

ご自宅で3DSホームケアを行います。トレーにホームケア用の3DS薬剤をセットして5分間装着します。

5.3DS

医院にて2回目の3DS除菌治療を行います。1回目の3DS治療から7〜10日後に行います。

6.細菌検査

2ヶ月後に再度、再度来院して頂き、3DS除菌治療の効果を診るために口腔内細菌検査を行います。

マイクロスコープを使った精密治療

当院ではマイクロスコープを導入しています。マイクロスコープを使うことによって肉眼の20倍〜30倍の倍率で拡大観察できます。通常よりも視野が広がることにより健康な部分を削ることなく、虫歯の部分のみ除去することができます。その他、肉眼では見えないぐらいの被せ物や詰め物のズレなど不適合部分から入り込んだ菌が、むし歯を発現させているということが少なくありません。歯周病治療、型取り、歯科治療のあらゆる分野でメリットがあります。

痛みのない・なるべく削らない虫歯治療なら、
平井のくすの木こども歯科クリニックまでお問い合わせ下さい。

このように、くすの木こども歯科クリニックでは健康な歯を残すため、健康な天然歯をなるべく削らず、痛みのない細かい治療を心がけています。早期段階での治療を行うことで、健康的な口腔内を維持していきましょう。
痛みのない虫歯治療をご希望の方は平井のくすの木こども歯科クリニックまでお越しください。