小児歯科

くすの木こども歯科クリニックの小児歯科への取り組み

お子さんの歯科治療は、大人に比べて、治療方針が異なってきます。
大人の場合は悪くなった歯を治療する。というのがメインですが、小児歯科の場合は、健康な状態のまま歯を成長させるという意味が大きくあります。

歯医者さん嫌いなお子様も当院にお任せください!

くすの木こども歯科クリニックでは、診断において虫歯の治療が必要な場合でも、緊急性が高い場合を除いては、いきなり歯を削ることはありません。まず、歯科治療がはじめてのお子さんには、トレーニング予約を取っていただき、2回目の来院でトレーニングの時間を作り、虫歯の治療に必要な道具の練習します。そして、3回目の来院から本格的な治療を開始します。初めてのことに小さなお子さんはドキドキと緊張をするものです。お子さんへの歯科治療は、治療を始めるまでにどれだけ回数をかけてあげるかがポイントになります。忙しくて回数をかけて来院が難しいという保護者様も、もちろんいらっしゃいますが、少しでもお子さんが歯医者さんに通いやすい気持ちになれるように当院でも最善を尽くしておりますので、ご協力、ご理解いただけると幸いです。

いざ、治療に入ると「ブロック治療」という、右上なら右上の部位を一度に行うよう、なるべく回数を少なくする方法を取っています。

ブロック治療

小児歯科治療の基本は「ブロック治療」と呼ばれる方法で行います。
ブロック治療は、一本ずつ治療するのではなく、口の中を6つにブロック分けして、複数本の歯を同時に治療していきます。ただし、症状や治療の内容、保護者の方のご希望に応じ、1本ずつ治療を行うケースもあります。また、当院では予約時間を工夫し、なるべく待ち時間のないように対策をしております。

お子様が虫歯にならないようにお願いしたい事

虫歯は、お口の中にいる細菌により引き起こってしまう感染症です。虫歯にならないために、病原菌から歯を守ることが非常に重要になります。

1.病原菌の除去

虫歯の病原菌は新生児には存在していません。親御さんやご家族の食べ物の口移し、同じフォークやスプーンで食事をすることで、感染してしまいます。口移しでの食事、同じスプーンなどを使用しての食事は避けるようにして下さい。もし行うのであれば、親御さんのお口の中も清潔にしておくように心がけましょう。

2.抵抗力を高める

虫歯は感染病の一種です。身体の抵抗力が弱まっていると感染症になってしまいます。普段から栄養バランスを考えた食生活、運動などを心がけ抵抗力を高めることも虫歯予防につながりますので、意識しておくといいでしょう。

歯を守る為にくすの木こども歯科クリニックが行う3つの方法

誰でも、ご家庭でできる虫歯予防と、歯科医院で定期的に予防処置を合わせて行うことが虫歯の予防促進へと繋がります。
くすの木こども歯科クリニックで行う3つの虫歯治療を紹介します。

1.フッ素塗布

フッ素は、歯を虫歯に強くする働きをしてくれます。家庭で使用している市販の歯磨き粉にもフッ素は含まれていますが、歯科医院では、市販の歯磨き粉よりも高濃度のフッ素を直接塗り、歯の抵抗力を高めます。

2.歯磨き指導(TBI)

幼少期から正しい歯磨きができているかどうかで、今後虫歯になるリスクも大きく変わってきます。
子供の歯は小さく、歯並びも複雑です。そのため成人よりも磨きにくいです。磨き残しにより、虫歯は広がってしまいます。そこでTBIという歯磨きの指導を行います。幼少の頃から正しい歯磨きを習得し、虫歯のリスクを減らしましょう。

3.シーラントで溝を埋める

歯の表面は複雑な溝があります。この溝に食べ残しが付着して、虫歯になってしまうおそれがあるのです。そこで、シーランドで溝を埋め、食べ残しの付着を防ぎ、歯の予防にもつながります。

平井で小児歯科をお探しの方は当院までお越しください。


当院の小児歯科は、『歯にならない習慣を付ける』ということを大前提に小児歯科治療を行います。
近郊の地域から多くのお子様が来院されています。安心して小児歯科治療を受けられたい方は、平井のくすの木子供歯科クリニックまでお越し下さい。