予防歯科

くすの木こども歯科クリニック予防歯科のススメ!


虫歯の治療法は、虫歯の箇所を削る方法でしか治療法がない現代。しかし、歯は削ってしまうことで、抵抗力は落ちてしまいます。健康な状態に比べ虫歯にもなりやすくなってしまいます。そこで近年では予防歯科の大切さが重要視されています。当院でも、予防歯科治療に力を入れています。

日本とスウェーデンの予防に対する意識の違い

日本での歯科医院への定期検診率は6%と、とても低いのが現状です。しかし、スウェーデンでは定期検診受診率は、子供はほぼ100%、成人でも80~90%と非常に高いです。また、アメリカでは70~80%と、日本に比べると予防に対する意識の違いがハッキリと出ています。80歳までに自分の歯を20本の残す『8020運動』。スウェーデンやアメリカは2010年に達成しているにも関わらず、日本が達成するのは20~30年後と、先進国の中でもかなり遅れをとってしまっているのが現状です。

平均残存歯数

『虫歯になって歯科医院に行く』か『虫歯にならないために歯科医院に行く』か、で年齢ごとの平均残存歯数は大きく違ってきます。
虫歯にならないために歯科医院へ行く人は、1~2ヶ月に1度のペースで歯科医院で定期検診、メンテナンスを行なっています。アメリカでは、予防歯科やメンテナンスにも力を入れた事で、平均残存歯数がとても高くなりました。

定期検診の重要性




上の画像は、『定期検診で予防を怠らなかった人』と『予防を怠り虫歯の治療を繰り返した人』の治療費の差を表したものになります。
定期検診を受けず、予防を怠ってしまった結果、自分の健康な歯を失い、さらに高額な治療費を払うことになっています。

サリバテストで治療後のメンテナンス期間を決める

サリバテストとは、唾液検査によって、虫歯の原因が分かるというものです。原因が分かることで、効果的な予防法を知る事ができます。一人一人虫歯の原因は違うものです。サリバテストの検査結果で科学的に評価をし、患者さんそれぞれにあった、予防方法をアドバイスしていきます。

3DSについて

当院では、3DSというお口の中の菌数が多い方の対処法を行っています。
口腔内の菌が多すぎる場合、ご自身でのメンテナンスが非常に難しいです。ミュータンス菌が多すぎると虫歯になりやすく、自身でのメンテナンスでは減少させる事は非常に困難です。ご自身でメンテナンスを行えたとしても、継続は難しく、現状菌が多い状態になっています。

3DSの流れ

1.検査

唾液を検体とした口腔内細菌検査によって、
虫歯や歯周病になりやすいリスクを調べます

2.トレー制作

歯型を採取して、薬剤を局所的に作用させるためのトレーを制作します。このトレーは医院での除菌治療と自宅での3DSホームケアに使用します。

3.3DS

医院でジェル状の3DS薬剤をトレーにセットして5分間装着します。この際に3DS薬剤で除菌を行います。

4.ホームケア

ご自宅で3DSホームケアを行います。トレーにホームケア用の3DS薬剤をセットして5分間装着します。

5.3DS

医院にて2回目の3DS除菌治療を行います。1回目の3DS治療から7〜10日後に行います。

6.細菌検査

2ヶ月後に再度、再度来院して頂き、3DS除菌治療の効果を診るために口腔内細菌検査を行います。

サリバテストの流れ

STEP1
問診

問診と日頃の食生活に関する簡単なアンケートを行います。

STEP2
ガムを噛んでもらいます。

唾液分泌促進用なので味のついていないガムになります。

STEP3
唾液を採取し測定

ガムを噛んでから、約2分後あたりから唾液が安定的に出はじめます。その唾液を出し、分泌量を量ります。

STEP4
唾液の中和力測定

採取した唾液の中和力を測定していきます。

STEP5
ラクトパチラス菌採取

虫歯を促進させる、ラクトパチラス菌の数を調べます。

STEP6
ミュータンス菌採取

虫歯のきっかけになる、ミュータンス菌を採取していきます。

STEP7
採取した菌の培養

ミュータンス菌2日間、ラクトパチラス菌4日間、専用の培養器で培養します。

STEP8
検査結果

検査結果から、虫歯のリスク、患者さんにあった予防法をお伝えします。

メンテナンスについて

メンテナンスとは、定期的に歯科医院へ行き、予防のケアを行う事です。クリーニングや正しいブラッシング指導をプロが行なってくれます。クリーニングの内容は、PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)という、プロによる歯のクリーニング、スケーラーという器具で歯石を除去するスケーリングです。

お子様の予防歯科

お子様の予防歯科と、成人の予防歯科では意味合いが違います。お子様のほとんどは、『歯医者さんはこわい』というイメージを持っています。まずお子様への予防歯科は、『歯医者さんはこわくない』というイメージを持たせてあげる事から始まります。
治療を行わなければ、痛みはもちろんありません。痛みがなければ怖さもなく気軽に歯科医院に来る事ができます。そのために下記の3つを行います。

1.TBI歯磨き指導

幼少期から正しい歯磨きができているかどうかで、今後虫歯になるリスクも大きく変わってきます。
子供の歯は小さく、歯並びも複雑です。そのため成人よりも磨きにくいです。磨き残しにより、虫歯は広がってしまいます。そこでTBIという歯磨きの指導を行います。幼少の頃から正しい歯磨きを習得し、虫歯のリスクを減らしましょう。

2.シーラントによる溝埋


歯の表面は複雑な溝があります。この溝に食べ残しが付着して、虫歯になってしまうおそれがあるのです。そこで、シーランドで溝を埋め、食べ残しの付着を防ぎ、歯の予防にもつながります。

3.フッ素の塗布

フッ素は、歯を虫歯に強くする働きをしてくれます。家庭で使用している市販の歯磨き粉にもフッ素は含まれていますが、歯科医院では、市販の歯磨き粉よりも高濃度のフッ素を直接塗り、歯の抵抗力を高めます。