小児矯正・成人矯正

矯正治療

くすの木こども歯科クリニックでは、小児矯正・成人矯正の治療も行なっています。
当院では矯正治療を行うにあたり、必ず唾液検査を行なっています。
矯正装置が入ることで、虫歯のリスクも高くなってしまいます。そのため、矯正治療前に、虫歯のリスクが高いか知っておく必要があります。
歯並びは綺麗になったのに、矯正装置を外してみたら虫歯だらけ・・という事にならないように、矯正治療の際の虫歯予防に力を入れています。

虫歯を予防するにあたり、歯並びについて保護者の方からご相談があった場合には、
歯科矯正をご提案させて頂いています。

小児矯正

子供の矯正治療は、歯を動かすだけではありません。成長の発育を利用し、骨格の状態を改善する事もできます。子供の矯正(第1期治療)では、障害になってしまっている悪い条件を改善し、土台である骨格の成長を正しく軌道修正し、悪い方向へ成長してしまうのを未然に防ぐ事や、骨格の問題を大きくしないようにすることが可能です。子供の矯正の最大のメリットとも言えます。もちろん、歯の生え変わりも同時に管理いたします。
すべて大人の歯に生え変わり、顎の成長もほぼ終わった頃に、必要に応じて仕上げの矯正(第2期治療)を行なっていきます。骨格の悪い条件が改善された状態で、歯並びの仕上げを行えるので、抜歯をする必要も低くなります。場合によっては、第1期治療で終了する事もあります。

床矯正とは

顎の成長を促す矯正の方法

床矯正とは、顎の成長を利用し、歯並びを整えていく矯正方法です。成長過程の子供に対して行われる治療です。
子供の頃に床矯正をすると、顎を強くでき、ブラケットや抜歯などの手間や、負担の大きな矯正方法を選択せずに済む可能性が高くなります。大人の場合、顎の大きさは変えられませんが子供と同様に、歯を動かすことはできるので、治療方針によっては床矯正のケースも多いです。

顎が小さい方や、歯を直接おさえつける矯正は避けたいという方にもおススメの方法です。

他の歯列矯正との比較床矯正とは

施術方法での比較

歯科矯正では、何本かの歯を抜き、歯並びを整えるのが一般的です。

しかし、抜歯は痛みを伴い、患者さんにも大きな負担になってしまいます。大人でも抵抗のある抜歯ですから、小さなお子さんにとっては尚更です。しかし、床矯正であれば、歯に直接処置を行うことはなく、時間をかけて顎を広げ、自然に歯の向きや歯並びを矯正する治療法になります。そのため、できるだけ歯を抜かずに残す施術が可能です。

しかし、床矯正だけではどうしても歯並びを整えるのが難しい場合は、その他の治療、矯正方法を組み合わせて行う必要があります。

矯正期間の比較

一般的に歯科矯正を終えるまでに、約2~3年かかる事がほとんどです。しかし、床矯正では、顎を広げる期間は約半年から1年程です。矯正器具を装着したままの生活は、違和感もあり不便も多いので、お子さんへの負担も大きいですが、床矯正であればお子さんの負担も軽減されます。ただし、矯正が広範囲の場合はこの期間とは限りません。

また顎を広げる期間は短いですが、お子さんの歯が生え揃う12歳頃までは経過を見守る必要がありますので、追加の矯正が必要と判断される事もあります。その場合はさらに矯正期間が必要になります。

床矯正の4つのメリット

1.食事や歯磨きが楽に行える

床矯正のメリットのひとつに、矯正器具を自分で取り外しできるという点があります。もしも矯正治療中に痛みを感じた場合もすぐに自分で取り外すことが可能です。そのため、矯正期間中の食事や、歯磨きも楽に行えます。
矯正器具を装着したまま食事をしたり歯磨きをしたりするのは、お子さんにとっても大人にとっても違和感があり日常生活において負担に感じてしまいます。そのせいで、楽しいはずの食事も苦になってしまうというリスクも生まれてしまいます。

実際に矯正治療中に食欲がなくなってしまったお子さんも少なくありません。リスクを避けるためにも、お子さんに矯正治療が必要だと感じたら、選択肢のひとつとして、床矯正を検討されると良いでしょう。

2.将来その他の矯正をしなくてもよくなる

床矯正を子供のころに行なっておくと、大人になってからの抜歯を伴う矯正治療を受けるリスクが下がります。また、矯正治療は目を引きやすいため、中学、高校などで思春期を迎える前に治療を受けておくことは、お子さんのためにも重要な事と言えます。

また、歯の角度やばらつきは、年齢とともに悪化する事もあります。そうなると矯正治療も大がかりなものになり、身体的、精神的にも負担を伴ってしまいます。将来的に矯正の必要があると感じたら、早いうちから床矯正を受けることで、リスク回避にもなります。

3.虫歯になりにくい

歯に直接矯正器具を装着するタイプは、歯磨きが難しく汚れや食べ残しがたまりやすいのが難点です。そのため、矯正治療中に虫歯になってしまう事があります。

状況次第では矯正治療を一時的にストップする可能性もあります。矯正器具を付けたままの歯磨きは大人も子供も苦心しています。しかし床矯正は自分で取り外しが可能なので、歯磨きも普段通りに行うことができるので、矯正治療中の虫歯のリスクも少なくなります。

4.食べる物を限定せずに済む

一般的な歯に直接矯正器具を装着する矯正治療の場合は、固いものや粘性のあるものは食べないようにと、食べ物に制限が必要となります。食べたいものを食べられないというのは、育ち盛りの子供にとってはストレスにもなってしまいます。さらに、栄養も偏ってしまいます。子供にとっては成長のためにも食事バランスや栄養素は重要なことです。そのため、食べられるものを制限された中での食事メニューは親御さんにとっても気を遣う部分になってしまいます。

しかし、床矯正は、食事の時にも自分で取り外しができるので、食べるものを制限する必要もなく、みんなと一緒に食事を今まで通り楽しむ事ができます。子供にとってのストレス、負担のない治療を続けられます。

成人矯正

大人の歯列矯正の目的

大人になってから行う歯列矯正は、審美的な面での改善が大きな目的のひとつにあります。出っ歯や、受け口、八重歯などはどうしても目を引いてしまい、コンプレックスにもなってしまいます。外見を気にして矯正治療を始める方は多いです。子供の頃は、本人よりも周囲の希望がどうしても優先されてしまうことが多い為、成長期の良い時期に歯列矯正を始めても、治療の進み方が悪い事もあります。大人になり、自分の意思で歯列矯正を望む場合は美しい口元が目標になるので、歯磨き、装置の手入れなどにも気を配ることができます。そのため、口腔内も良い状態を保ち、効率的に治療を進めることができます。

・審美的な面での改善

小さい頃からのコンプレックスが、大人になってから歯列矯正を決断させるきっかけでもあります。
前述したように、八重歯、出っ歯、受け口のせいで、口元がかりを気にしてうまく笑えなかったり、口を開くのが嫌だったり、悩まれてきた方は多いです。口元ばかりを気にしていた自分を変えたい、口元を気にせず自然に笑えるようになりたい、前向きな自分に変わりたいという方にも、歯列矯正はとてもおススメです。

・かみ合わせの改善

大人の歯列矯正は審美的な目的だけではなく、「噛み合わせの改善」もとても重要です。『良い噛み合わせ(正常咬合)』と、『悪い噛み合わせ(不正咬合)』があります。不正咬合により、頭痛や肩こり、腰痛など全身に様々な悪影響があるとされています。不正咬合を改善し、歯並びが良くなれば今まで歯ブラシが届かなかった部分まで歯磨きができるようになるので、虫歯や歯周病の予防ができます。また、食べ物をよく噛んで食べられるようjになるので消化や吸収も良くなり身体の内面から健康に改善されます。

目立たない矯正治療

1.マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、患者さんに合わせたプラスチック製の透明なマウスピースを作り、定期的に付け替えながら歯を動かしていく矯正治療方法です。透明で目立ちにくいので、若い女性にもおススメです。ただし、難症例ではマウスピース矯正が行えない場合もあります。
また、食事や歯磨きの時以外はずっと付け続けておく必要があるのがデメリットです。

2.裏側矯正(舌側矯正

一般的な矯正治療では、ワイヤーの装着が外から見えてしまいます。しかし舌側矯正の場合は、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着するので、目立つ心配はありません。

歯を抜かない矯正治療は
くすの木こども歯科クリニックへご相談下さい

くすの木こども歯科クリニックでは、なるべく歯を抜かない矯正治療を受けられます。症例によっては、どうしても歯を抜かなければならない場合もありますが、基本的には歯を抜かずに負担の少ない治療計画をご提案しています。矯正治療は費用的にも高額になり、治療期間も長くかかるものなので、矯正治療を検討されている方は、ぜひ当院での矯正歯科無料相談へお越し下さい。